る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

MacBook Proを清水の舞台から飛び降りる勢いで購入したけど、アレが無い!

MacBook Proな生活

なけなしの夏のボーナスを使って買っちゃいましたよ。

MacBook Proを。

 

そのお値段、税込154224円!!

 

たぁかい!

 

さすがApple製品って感じがしますね。

 

でも気づいた人も多いんじゃないでしょうか。

 

今回購入したMacBook Proは新品ではなく、新古品扱いとなる整備済みを買いました。

 

2017年モデルも検討したんですが、長く使うことを考えたらカスタマイズして盛ったほうがいいかなと考えました。

でもカスタマイズのシミュレーションをして値段を見たら余裕の20万越えw

 

パソコン、ましてやノートパソコンに20万出せるほど財布事情が豊かではないので断念。

 

そこで注目したのが整備済み品。

もう毎日のようにAppleの整備済みMACのページをチェックする日々。

別に最新モデルにこだわりは無かったんで、狙うは2016年モデルのMacBook Pro。

 

しかし同じ考えを持っている人も多いわけで、良さげなのがサイトに登場すると一瞬で売れてしまう。

もう気が抜けない日々を過ごしましたよ。

 

そしてやっと巡り巡ってゲットしたのが今回のMacBook Proなわけです。

 

 

 

スペックは

パソコン知識が皆無に近いので、スペックを語れるほどではありません。

 

ベースはMacBook Proの13インチ。TouchBar無しの2016年モデルになります。

このモデルからカラバリが追加され、もちろん選んだのはスペースグレイ。

 

そして狙っていたのはカスタマイズされたモデル。

どこに注目していたかと言うと、メモリですね。

 

CPUやストレージはデフォルトでも問題ないとは思いますが、メモリに関しては盛れるだけ盛っておいても損はないって言われた事があります。

 

  • CPUはIntelCore i5のSkylake(デフォルト)
  • メモリ16GB(カスタマイズ)
  • ストレージは256GB(デフォルト)

これが大まかな仕様になります。

 

唯一の問題点

これは2016年モデルが発売されてから今もずっと言われていることですが、側面の端子類がUSB-TypeCしか無い!

 

普段よく使っているUSB(3.0や2.0)やSDカード類を使いたいのであれば、変換のアダプターを用意しないといけないんですね。

 

実際に目の当たりにすると「不便だなぁ」って思います。

 

無い!

そう無いんです!

 

そんな変換アダプター的なもの用意してないんです。

 

「意外と無くても何とかなるんじゃないの?」なんて変に余裕ぶっこいてたんで、実機が手元にあるけど、データーのやり取りをする手段が無いんです。

 

やっぱり2016年以降のMacBook Proなどを使うのであれば、変換のアダプターを用意すべきです。

 

さて、どうしたものか・・・

 

おや!?

こんな所にKingston製のmicroSD(64GB)とMacBook Proにも使えるUSB-TypeC対応のMobileLite Due 3Cが有るじゃないか。

 

これならMacBook ProでmicroSDが使えるんじゃない?

 

でも・・・

こんなの注文した覚えがない。

一体誰が用意したんだ?

 

MacBook Proの紹介を続けるつもりだったけど、この謎を先に解決したほうが良さそうだね。

 

このKingston製の商品がなぜ手元にあるのか。

そしてこの2つの製品の使い勝手はどうなのか。

 

次回に・・・

つづく