る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

ファイナルファンタジー14の物語は、蒼天のイシュガルドから『紅蓮のリベレーター』へ


蒼天のイシュガルド完結

f:id:ruko036:20170623094224p:plain

我ながら「凄い速さでプレイしているなぁ」って思うわけですが、蒼天のイシュガルドが完結しました。

完結したと言っても、ストーリー的には続くわけです。

 

メインストーリーを一直線で遊んでいたんで、他のサブクエストやコンテンツに手を出していません。

チョコボは空飛ばないし、エモートも取ってない。装備も貰い物で固めてるだけ。

何よりダンジョンの寄り道をしていないんで初見の場所が多そう。

中身ペラペラな白魔道士で終わってしまってます。

 

 

 

 それでも紅蓮へ旅立つ

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター

 

ファイナルファンタジー14の最新である紅蓮のリベレーターは既に発売されており、アーリーアクセス組から少し遅れてスタートしている人は多くいるはず。

 

まだ蒼天の最初の方を遊んでいた時は程遠いと思っていたけど、そんなに遅れること無く追いつくことが出来るとは思っても見ませんでした。

 

蒼天のコンテンツも遊びたいんですが、とりあえず紅蓮のリベレーターを始めます。

そうでないとレベルキャップが解放されないんで、白魔道士の状態だと経験値を無駄に消化するだけですし。

 

それに新しいジョブである『赤魔道士』や『侍』も触ってみたいですしね。

 

彼女の正体は・・・

 

ところで紅蓮のリベレーターのPVやソフトのジャケットに登場している「金髪の女性」って誰なんだろう?って思ってたわけです。

てっきり紅蓮から登場する人物なのかなって思ってたんですよ。

 

f:id:ruko036:20170623094226p:plain

でも蒼天も終わりを迎えようとしていた時に線が繋がりました。

「なるほどね」って思わされながら、蒼天終了後に再度PVを見たらゾワッとするものを感じましたね。

 

新生から蒼天へ移る時は何とも思わなかったんですが、蒼天から紅蓮へ移ろうとしている今、凄く楽しみな状態です。

それだけハマっちゃってるのかな?

 

俺達の冒険はまだまだ続く

f:id:ruko036:20170623094225p:plain

正しく「つづく」って感じで、ファイナルファンタジー14の物語は続くわけです。

ちなみにこのスクショは使い回しではありません。

毎回これをスクショする必要あるのかなって思うんですが、一応残しています。

おわり