る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

NintendoSwitch(ニンテンドースイッチ)の初回にかかったお値段発表

NintendoSwitchの初回はおいくら? 

発売日に届きましたNintendoSwitch。

配置やら実際に軽くゲームを触ってみたりしたんですが、全体的に面白いハードだと思います。

 

スペックをどうこう言う人も多いですが、確かにそれも大事です。

しかしメーカーによって目指す方向性は違うわけで、高性能より面白さを取るのも正解なんです。

NintendoSwitchは後者の方じゃないでしょうか。

 

さて、そんなNintendoSwitchですが、一体今回の購入でどのくらい必要だったのかってこれから買う人気になりませんか?

ハードやソフト、周辺機器を揃えたらどのくらいになったのか計算してみようと思います。

 

 

 

本体

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

 

発売日当日は抽選販売や普通に店頭販売を実施した所がありましたが、これからどうなっていくんでしょうね。

すぐに生産が追いついて欲しい人の手元に来て遊んでもらいたいんですが。

 

今回本体はヨドバシカメラで予約注文しました。

価格は32378円に1%のポイント還元( 324ポイント)です。

実質32054円となります。

 

据え置き機で最初の価格としては安い方です。

また数年後に値下がりをして何処まで下がるか気になる所。

でもこれ以上下げるとしたら付属品を削ってコスト削減としてじゃないと無理なんじゃないかなぁ。

 

ソフト 

ローンチタイトル1本だと本体の良さを引き出せないと思うので、2本くらい抑えておけば新ハードがどんなものなのか分かると思います。

 

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION

 

Switchの描写がどんなものなのか。

アクション操作が必要となるんで、コントローラーの使い勝手はどうなのか。

その辺を見たかったんで予約しておきました。

 

購入した店舗はJoshin。

限定版の予約が辛うじて出来たからってのが理由。

今これを書いている時(3月3日の19時)では普通に購入できる状態です。

 

価格は10778円に108ポイント付いてきます。

実質10670円となります。

 

限定版だからこの価格なので、付属品に興味がない人は通常版で問題ないでしょう。

 

スーパーボンバーマンR

スーパーボンバーマンR

 

ローンチでマルチプレイを試したいならボンバーマンかな。

1-2-Switchはミニゲーム集で盛り上がるかもしれないけど、ぼっちには酷なゲームだからさ。

 

秋から有料になるオンラインプレイも今なら無料みたいだし、今のうちにSwitchのオンラインプレイ環境を知っておくにも持って来いだと思う。

 

こちらはヨドバシカメラで購入。

価格は5100円に510ポイント。

実質4590円となります。

 

周辺機器など

ここは必要な人だけ買うって感じで、必須な物ではないですね。

 

Nintendo Switch Proコントローラー

Nintendo Switch Proコントローラー

 

本体付属のジョイコンでも十分に遊べるとは思うんですが、やはり先にも上げたゼルダのようなガッツリとしたアクションゲームを遊ぶんだったらプロコンは持っておいてもいいかなと思います。

 

実際にジョイコンとプロコンを触ってみた感じとしては、やっぱりプロコンの方が操作性は良いですし、持った感じも今まで持ち続けてきたオーソドックスなコントローラーと同じなので良いですね。

 

ヨドバシカメラで注文して、価格は7530円に753ポイント。

実質6777円となりますが、やはり高いコントローラーですね。

 

今回の本体はタブレットになります。

スマホなどに保護フィルムを貼っている人だと欲しくなるんじゃないでしょうか。

 

長時間ゲームをすることを想定すると少しでも目への負担を減らしたいと思ったんでブルーライトカットで尚且つ任天堂の公式ライセンス商品を選んでみました。

別に公式じゃなくても問題はありません。

 

ヨドバシカメラで970円の97ポイント。

実質873円となります。 

 

普通のフィルムで不安な人はガラスフィルムも発売されているんで、候補に入れてみても良いと思います。

 

QUICK POUCH for Nintendo Switch ブラック

QUICK POUCH for Nintendo Switch ブラック

 

Switchは携帯する事も出来るんで外で遊ぶことも可能です。

その際、カバンにダイレクトに放り込むのはちょっと無理がありすぎるんでケースが欲しくなるところ。

 

頑丈を売りにしたハードケースでも良かったんですが厚みが出来てしまってカバンに入れて持ち歩くことを考えたらポーチに近い感じのほうがいいかなと思いコチラを選びました。

 

これもまた任天堂の公式ライセンス商品となっています。

 

こちらはJoshinで1380円に18ポイント。

実質1362円となります。

 

 

 

NintendoSwitchの初回費用合計は

実売価格の合計を今回弾き出した結果

58136円となりました。

 

本体が安いと思っていたんですが、やはり揃えるものを揃えたらこのくらい行ってしまいますね。

 

あくまで今回る〜子さん基準で購入したものを合計したものなので、これ以下に抑えることも可能です。

 

でも新ハードが出た一種のお祭りであり、結局後日購入するかもしれないんで、ここは勢いで買い揃えておいても損はないんじゃないでしょうか。

 

あとはこれからのタイトルラインナップとサービスですね。

NintendoSwitchの今後に注目です。

おわり