る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

AirPodsの汚れや落下防止にカバー着けたら・・・

AirPodsの汚れや落下対策

iPhoneなどのアップル製品との相性が抜群に良いAirPodsを使っているわけですが、もう少し使ってから使用感レビューを書こうと思っています。

 

しかしこのAirPodsは一般的なイヤホンと違いイヤーピースが付いてないんで、直で耳に装着する分、汚れとかが気になります。

あとやっぱり完全ワイヤレスなんで落としてしまわないかって言うのも。

 

この気になるポイントに対して何か策は無いかと調べていたら良さげな物が売られてたんで買ってみました。

 

 

 

シリコンカバーつけてみた

EarPods カバー

AirPods用ではないけども、形状が同じなんで買ってみたのがEarPods用のシリコンカバー。

 

『キズ・汚れ・ズレ防止』と気になる点を全て解決してくれそうじゃないですか!

オマケでAirPodsには無用のケーブルをまとめるのも付いてます。

 

AirPods

色も何色か用意されてる中で、今回購入したのはグレー。

そして上の写真がAirPodsにシリコンカバーを付けた状態。

やはり形状が同じだから問題なく装着することが出来ました。

 

付け心地は

数ミリ程度かもしれないけど大きくなった分、耳に着けるとフィット感が増しました。

無くても正直落ちる気はしませんが、更に落ちにくくなったと思えば安心感は持てますね。

 

あとレビューを読んでいると音質が多少なりとも良くなったとか見かけましたが、その辺は何とも言えませんね。

気の持ちようでは良くなったようにも思えますが、こんなシリコンカバーを付けた程度で音の違いが分かるほど音に拘りはないんで。

 

でも、ちょっと待って!

汚れは付かなくなる、キズも防止できる、落下の心配もなくなる。

いい買い物したなぁって思ってケースにしまおうとしたら・・・

 

蓋できませ〜んw

 

蓋裏の溝は少し余裕があるからシリコンカバー付けてても大丈夫だろうと思ってたんですけど、また少し形状が違うんですね。

 

蓋ができない時点でシリコンカバーは無意味な存在に。

毎回ケースから出してシリコンカバー付けるわけにもいきませんし。

 

でもケースには挿さるには挿さってい・・・

AirPods

ないのかよぉ〜!w

ランプがついてないんでケース底にあるセンサー部分に触れてません。

 

 

結果としては今回購入したシリコンカバーはAirPodsには使えません!

仕方ないんで手持ちのEarPodsにでも付けて従来の使い方をしようと思います。

 

アップル製品はジョブズの意思を尊重してケースなどを好まないように作られているんだなと思います。

AirPodsもそのひとつって事で、裸族で使っていきますかね。

おわり