読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューター最速開封レビュー

ゲームセンターCXの影響もあって、未だにレトロゲームブームの熱は凄いですよね。

 

最新のゲーム機では再現できない、あの独特の世界観とゲーム性はレトロゲーム独自のもの。

 

遊ぶ手段は数あれど、本日発売されたアレはその世代なら喉から手が出るほど欲しくなる物だったに違いありません。

 

残念ながら予約即終了となって当日手に入れるのも難しくなってしまいましたが、る〜子さんのアンテナは本物なんで予約スタートと同時にすぐ予約したんで手元に届いております。

 

それを今回開封していこうかと思います。

そして皆さんの物欲を掻き立てようと思っております!

 

 

 

 

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューター

ファミコンミニ

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂

 

こちらが2016年に発売されたファミリーコンピューター、通称ファミコンでございます。

任天堂から出たってことで箱の再現度も素晴らしいですね。

 

本体には30タイトル収録されている一種のエミュレーター機になりますが、それを任天堂が出すってことが驚きなんです。

 

昔ファミコンソフト1本に数十本、下手したら100本近くのタイトルを収録したグレーソフトが出回ってたんですよねぇ。

結構ファミコンのソフトって無法地帯な所も有って面白かったんですよ。

 

今回収録されている30本は純正のファミコンで発売されたタイトルのみなんで安心して遊べます。

 

箱だけで満足しそう

届いてから開封するまで少し時間がかかりました。

理由としては箱をずっと見てられるからです。

 

ファミコン世代の人なら納得できると思うんですよ。

ポイントとしてはココ

ファミコンミニ

 

この写真を見てテンション上がらないファミコン世代は居ないんじゃない?

当時こんなにファミコンソフト持ってたらクラスの人気者間違い無しだったはず。

 

下にも注意書されているように、カセットは付属していません。

 

ファミコンミニ

箱の背面には収録されているタイトルラインナップ。

これもまた当時のジャケットを使用しての紹介だから見てられるよね。

懐かしいタイトルありますか?

 

今だから思うこと

「これら30タイトルが1つの端末に収録されているんです。」って凄いように思えるけど、やっぱり大人目線で見てしまう部分もありますよね。

 

「本体のストレージはショボいだろうな。」

「中開けたらスッカスカなんだろうな。」

って言うなんとなくの作りが想像できてしまう感じ。

 

そこは純粋な当時の気持ちのままで受けれればいいのに、なんか追求したくなる。

もうあの頃には戻れないんでしょうね。

 

いざ開封

ファミコンミニ

中身は本当にシンプルで必要最低限の物しか入ってませんでした。

テレビに繋ぐようのHDMIケーブルと電源を供給するためのmicroUSBケーブル。

 

別売りでこう言うのも同時発売されましたが、これは思い出に浸りたい人用なんで無くても遊ぶことが出来ます。

 

ファミコンミニ

ファミコンミニ

そしてこちらが本体。

再現度は箱に続いて素晴らしいの一言。

 

ファミコンミニ

コントローラーの再現度も素晴らしい。

2コンのマイク部分はもちろん使えませんが、これでゲーム操作できる日がまた来るなんてって感じですよ。

 

ファミコンミニ

これは仕方ないんだけど、背面は現代風って感じがしますね。

ここの部分がなかったらどうやってテレビに繋ぐんだ?って話になってしまいますから。

 

こんなに小さいんです

『手のひらサイズ』なのがニンテンドークラシックミニなんですが、実際どれくらいの大きさなのかと言うと

 

ファミコンミニ

iPad miniよりも小さい。

う〜ん、大きさ分かりづらいですか?w

 

でも手のひらサイズって言うのは間違いないです。

本当に小さくて、軽い。

と言う事は中がスカスカってことですか。

 

で、この大きさから推測してもらいたいんですが、上で紹介したコントローラー。

この本体の大きさに対しての大きさになってるんで遊ぶのがちょっとしんどいタイトルが有るかもしれないのは事実。

 

アクションゲームは厳しいと思う。

RPGやそんなに操作を要求されないゲームは問題ないだろうけど。

 

大人の手には小さすぎるけど、子供にはちょうどいい大きさかもしれない。

 

これは良いことですよ。

ファミコンを知らない子供たちが今ファミコンのソフトで遊ぶって親から子へ受け継がれるみたいなね。

 

2016年の年末になろうかって時期にこのゲーム機を出すってどうかと思ったけど、任天堂の考えることはやっぱり違うわって思い知らされますね。

 

 

 

増産希望

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

 

予約がすぐに終了してしまうほどの物で欲しいと思っている人はまだ多くいると思うんで、増産をしてほしいゲーム機だと思います。

 

最近のゲームもいいんですけど、特にスマホゲーで満足している人はゲームの原点と言うか火付け役となったファミコンタイトルで遊んでもらいたい。

そしてゲームとは何だってことを考え直してほしい。

 

これってシリーズ化して次はスーファミ版が出たりするのかな。

スーファミで収録タイトル厳選するの結構難しいと思うよ。

でも出るんだったら買うけどね。

 

クリスマス商戦に供給が間に合うようであれば、そんなに高くないんで一家に1台置いておいても良いんじゃないかなと。

飾っても様になりますからね。

 

「任天堂、やってくれましたなぁ」って感じですよw

おわり

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...