読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

Daniel Wellington Classicモデルの本物と偽物の見極め方を紹介

Daniel Wellingtonの本物はこれだ!

 

まずこの動画を御覧ください。

Daniel WellingtonのClassicモデルの本物と偽物を比べた動画です。

 

音声が英語なので本物がどちらか分かったでしょうか?

 

今回はこの動画を参考に本物のDaniel WellingtonのClassicモデルをアンボックスしていきたいと思います。

 

 

 

これが本物のDaniel Wellington

あんまり細かな所を紹介しても仕方ないんで、パッと見で本物と偽物をすぐ判断できるポイントを紹介していこうと思います。

 

本物の箱はこちら

動画では2種類の箱が登場してきましたね。

写真にあるタイプと白の箱。

 

そして動画では白い箱から出てきた時計がフェイク(偽物)と言っています。

 

白箱の時点で偽物確定!

 

と言いたい所なんですけど、実は箱は関係ないみたいです。

本家からサンプルとして提供された方の中には白箱に入ったものが送られてきている人も居るようなので。

 

しかし物が偽物の場合、箱も精巧に作られた偽物のようなので箱で判別は難しいかと思います。

 

ちなみに何故2つ箱が送られてきたかと言うと、キャンペーンでNATOバンドが無料で貰えたので片方にはそれが入っていました。

 

保護フィルム

これはすぐに真似されそうな気もするんですが、新品の本体に貼られているフィルムが見極めるポイントの1つでもあります。

 

表裏に貼られている新品の証フィルム。

それに赤い線が入っていますよね。

これが本物の証と言っていいでしょう。

 

動画でも偽物には赤線の入ったフィルムは貼られていません。

 

結構安易な感じもしますけど、意外なところを見逃している。

これが偽物を量産されている証拠なのかもしれません。

 

リューズの形はドーム型

これもパッと見ですぐに本物か偽物か見比べるポイントになると思います。

 

本物のリューズはドーム型。偽物は平らになっています。

ここも動画で紹介されています。

 

ベルト外しは全く違う

ベルトを付け替える際に利用するアイテムが同梱されています。

 

本物と偽物を比べる必要ありません。

偽物には全く違うロゴもない物が同梱されているからです。

動画では「なんだこれ?」って言いたくなるくらいの物が入ってますねw

 

これもちょっと手を加えれば作れそうな気もするんですが、コストなどを考えたら対応できないんでしょう。

 

マニュアルも違う

こちらの同梱されているマニュアルも大きさが偽物の方が大きく作られています。

本物と偽物を比べないと分からないと思うんですが、動画を参考にサイズ感を捉えてもらえればなと思います。

 

そしてマニュアルに載っている写真も本物と偽物とでは違います

ボロを探していくと本当にボロボロと出てきますね。

 

ベルトのロゴはレリーフ朝

ベルトの裏に書かれているロゴ関係は本物はレリーフ朝になっていて、触ると凹凸が分かると思います。

しかし偽物はプリントなのか凹凸もなくお粗末なもの。

 

ベルト自体は単体でも取り寄せることが出来るんで、本体は偽物でベルトは本物なんて物が出回っていてもおかしくなさそうですが、そんな事したら儲けがなくなるでしょうから出回る可能性は低そうです。

 

 

あなたはどちらを買いますか?

ザックリとですが、すぐに分かる本物の見極め方って感じでポイントを紹介してみました。

もっと細かい所を見たい方は動画の方を見てもらうといいと思います。

 

偽物もパッと見は分からないですが、それを胸張って「Daniel Wellingtonの時計買ったんだ」って人に言えますか?

 

もしその人が本物を持っていて、ポイントをチェックされ「それ偽物だよ」なんて言われたら大恥かきますよ。

 

やはりブランドアイテムを買う際は信頼できる店舗もしくは公式から取り寄せるほうがいいんじゃないかな。

確かに値は張るけども長く付き合っていけるアイテムになることは間違いないからね。

 

あと今回紹介したのはClassicモデルなんで、他のモデルも調べてみたいなぁ。

 

Daniel Wellingtonさん、1本送ってください!w

 

なんてね。そう簡単にくれないですよね。

 

と言うことで、Daniel Wellington Classicモデルの本物の紹介でした。

おわり