読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

【レビュー】2800円で買えるナノドローンが届いたんで開封の儀

格安のナノドローン開封

2週間くらい前かな。

松本家の休日って番組でおもちゃを紹介していた際に、今回紹介するナノドローンが出ていて気になったんでポチってみました。

 

過去に同じようなナノファルコンって小さいラジコンヘリを買ったのは良い思い出です。 


 

 

開封の儀

ナノドローン

 

届いたのはこちらになります。

 

完全に海外製品のようで、箱には一切日本語が書かれていません。

箱から何か読み取らないといけない部分はないんで、物がちゃんとしていれば問題無いでしょう。

 

付属品

ナノドローン

 

箱の中には必要最低限のものしか入っていません。

  • リモコン
  • 本体
  • 充電ケーブル
  • スペア用の羽
  • 取扱説明書(英語)

 

取説の中身が英語なのが厄介。

飛ばし方が書かれてるんですが、絵だけじゃちょっと理解しづらいかも。

 

リモコンは安っぽい

ナノドローン

 

値段が値段なだけに見た感じで安っぽさが伝わると思います。

 

メインは2つのアナログスティックで操作するわけです。

電源のオン・オフにカメラとビデオの切り替えスイッチ

 

問題は真ん中の斜めになってる上下ボタン。

説明書読んでも分からないから触れずに今後使うことになるのかな。

押すとピーピーなるけど、クラクション的なもの・・・ではないよねw

 

電池は単4を2本必要になり、テスト用は入っていません

 

本体はしっかりしてる!?

ナノドローンこちらが本体になります。

ボディーカラーは黒とオレンジが用意されていて、こだわりが無かったんでオレンジにしました。

 

カメラ付き

ナノドローン

上でサラッと書きましたけど、これにはカメラが搭載されていて動画と写真の撮影が可能みたいです。

画質は期待してはいけませんよ。

 

でも3000円しないのにカメラが搭載されてるなんて破格だと思いませんか?

 

問題は撮り方が分からないってところなんだけどね。

なんとか説明書から方法を読み取らないと。

 

充電が厄介

ナノドローン

これで一番問題なんじゃないかと思うのが、充電方法。

電源のオン・オフスチッチの下にケーブルを挿すところがあるんだけど、滅多に見ないやつだよね。

 

microUSBやリモコンに接続して充電する形式だったら気軽に遊べるけど、この特徴的な方式を用いられると充電が面倒になってくるね。

あと端子部分が弱そうなのも心配。

 

充電時間が25分で、飛行時間が2~4分ってのも気になる点かも。

 

全ての気になる点において『値段相応』って言葉で言い聞かせて遊んでいくしかない。

 

謎の同梱物

Amazonのレビューにも書かれてるんですけど、本体とは別に同梱物が入っていました。

 

ナノドローン

 

全くもって使い道が分からない謎のマジックテープ

 

商品名の所に『スペアパーツ』って書かれてるけど、何のスペアパーツなのか。

Amazonの商品説明にもスペアパーツに関して触れられてないから分からない。

 

誰か知ってる人居たら教えてください。

 

 

飛ばすのが難しい

ドローンって安定性があるんで簡単に飛ばせるイメージが有ったし、レビューにも簡単に飛ばせるような事が書かれてたんですが、そうではなかったですね。

 

上手く飛ばせないのにカメラ機能を使っても酔い必須の動画しか取れないんで、練習が必要です。

 

上手く飛ばせるようになるのが先か、壊してしまうのが先か分かりませんが、まともに動かせれるようになったら使用レビューでも書けたらなと思っています。

 

あとこのナノドローンは購入時は2800円でしたが値段の変動が頻繁に有って、確認したうちで最安値は2500円まで下がってました。

購入を検討する人はタイミングを見計らってみてはどうでしょうか。

おわり

 

今回購入したナノドローンはこちら