読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

DownWellが家庭用ハードに移植決定は既に遊んでいる身としてはハナタカ

ゲーム

インディーズバンドがメジャーデビューする時、連載当初から読んでる漫画がアニメ化決定する時って昔からファンだった人は結構ハナタカでしょ?

 

ゲームも同じで、同人だったりSteamなどでヒッソリと活動していたタイトルが家庭用に移植されるって聞くと、以前から遊んでいたユーザーとしてはハナタカになったりします。

 

 

 

DownWellが家庭用ハードに来る!


やっぱり面白いゲームって言うのは広まっていくんですね。

アプリゲームだったものが、こうして家庭用ハードに移植される日も来るんですよ。

 

これは面白いから遊んでいない人は購入を検討してみても良いんじゃないかと思います。

 

Downwell

Downwell

  • Devolver Digital
  • ゲーム
  • ¥360

スマホだと仮想コントローラーを使用してのプレイになるんで、ちょっと操作面に慣れが必要ですけど、家庭用ハードだとコントローラーを使用しての操作になるんでスマホユーザーも改めて家庭用の購入を検討してもいいかもしれない。

 

価格のほうがまだ発表されてませんが、フルプライスではないはずなんで2000円切る価格設定にしてくるでしょう。

1000円切ってきたら絶対買いだと思います。

 

値段がどうしても気になるんであれば、アプリ版と価格大差無いSteam版をオススメします。

キーボードで遊ぶか、別途コントローラーを用意する必要がありますが。

 

ちゃんと買ってますから

こうも語るんだったら、ちゃんと購入したんだろうな?って思う人も居るかもしれません。

 

ちゃんとiOS版とSteam版の両方を購入して、Steam版でコントローラー使うと遊びやすさ倍増するなって体感もしてますから。 

 

あのゲームも家庭用に

 

Neverending Nightmaresも家庭用に移植されることが決定したとかで、インディーズゲームの勢いが来てますね。

 

5月19日に配信がスタートとなり、価格が1480円。

ぶっちゃけ言うと、内容に対してこの価格は高いと思います。

 

プレイ時間がそんなに長くなく、マルチエンディングなんですけど高いかな。

ゲームとしても結構簡単な方に入りますし。

 

家庭用の追加要素もそんなに用意されていないみたいなんで、興味が湧いた人はSteam版を先に視野に入れて検討したほうがいいかもしれない。

 

でもSteamで一目惚れして買ったゲームがこうして家庭用に移植されることはハナタカになりますね。


原石はSteamで探そう 

今回の2本だけに限らず、インディーズゲームはこれからもどんどん家庭用に移植されてくるんで、一足先に触れたいのであればSteamを覗いておいて損はないと思います。

値段もパッケージ版と比べると格安ですから。

 

Outlastも移植されると言われてますが、未だに未定のまま。

Steam版買ったのはいいけど、怖くて遊べてませんw

Outlast | ソフトウェアカタログ | プレイステーション® オフィシャルサイト

 

とにかくDownWellはオススメできる1本なので遊んでみてはいかがでしょうか。

おわり

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...