読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

Kindle激安セールで買おうと思ったら『予定数に達しました』ですって!?

これからは文学キャラで行こうかなって考えていた矢先にKindleの激安セールが行われています。

 

これは絶好のチャンス!

神様がそのキャラで今後頑張りなさいって言ってるようなもの。

 

格安のKindleにしようか、それとも新色が追加されたPaperwhiteにしようか。

 

 

 

 Kindle格安セール、このビッグウェーブに乗らないと

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

 

今回のKindleのセールは過去最高値引き額で発売されていたのか、色々なブログで取り上げられていました。

 

ノーマルのKindleでキャンペーン情報有りの物で3000円切ってたり、Paperwhiteも1万円を切る格安っぷり。

 

これはもうポチらずにはいられないって話ですよね。

電子書籍デビューを考えていた人なら尚更です。

 

る〜子さんもこのビッグウェーブに乗らない理由な無いって事でポチるつもりでした。

期間は5月22日までだし余裕持っていたら・・・

 

残念でした。もう安く買えません!

そろそろポチり時かなって思い、昼休みにAmazonアプリからPaperwhiteの新色ホワイトを頼もうかなってページを見ていると目を疑う表記が出されていました。

 

f:id:ruko036:20160517200929p:plain

なにー!!

 

まさかのキャンペーン早期終了。

予想を上回る数の注文が来たってことですか。

やはり今回のキャンペーン価格は破格すぎたってことですか!?

 

クーポンは配布してるよ

超お買い得だったクーポンは終了しましたが、プライム会員特典である4000円引きのクーポンは継続して配布されています。

 

しかし、あの価格を見た後だとこの4000円引きはあまりお得感を感じません。

10000円を切るか切らないかって違いはやはり大きいですよ。

 

電子書籍リーダーは持ってます


3年前の記事を紹介するなんて恥ずかしくてしかたないんですけど、その頃にソニーの電子書籍リーダーを購入しています。

今尚壊れること無く動きます。

 

これが対応しているサービスはソニーのReaderストアと紀伊國屋。

もちろんKindleストアで購入した本は読めません。

 

Readerストアで本を買うことはもうないんで、紀伊國屋リーダーと言ってもいいでしょう。

 

サービスの使い分けでKindleが欲しくなる

漫画は紀伊國屋のサービスを利用して購入するようにしています。

Kindleと大差無いですし、ポイントだったりとオプション面を考慮して。

 

しかし文庫系の本はKindleの方がジャンル問わず多く取り扱ってるんで、電子書籍リーダーの本領を発揮してくれそうなんですよね。

 

タブレットで済む話だよね?

これを言われると、今回のネタはボツになってしまう。

 

タブレットで電子書籍全般読めてしまうんで、わざわざ電子書籍リーダーを用意する必要は無い。

 

電子インクは目に優しいから疲れ知らずだったりする利点がある。

でも本しか読めない。

 

タブレットだとブルーライトが目に負担をかけて長時間読むのが辛くなる。

でもそこはブルーライトカット対策をしたり、明るさ調節でなんとでもなるのでは?

 

あれ?

もしかして、セールを理由に使うか使わないか分からない物を買おうとしてた!?

おわり