読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

ペルソナ3劇場版の舞台挨拶で初めて能登麻美子さんの生癒やしボイスを聞けました

ペルソナ3劇場版舞台挨拶で昇天

ペルソナ3の劇場版ラストとなる第4章が1月23日から公開されてます。

これまでシリーズを見てきたなら当然ラストを見ないといけない。

でもどのタイミングで見に行こうかずっと検討してました。

 

そしたら、舞台挨拶の方が各所で行われると言う情報が入ってきました。

「これは行きたいよ」って事でチケット抽選に申し込み、見事当選しました。

 

https://www.instagram.com/p/BBb9UJ6L8KB/

選ばれし者なので参加してきます

 

そしてこの舞台挨拶で1つの夢も叶うことになりました。

 

館内はこんな感じでした

 

館内にはモニターとかキャスト陣のサイン入りポスターが飾られてました。

 

余談だけど、一番最初の写真良くない?

人写り込んでないし、モニターに映ってるシーンも最高でしょ。

 

目と鼻の先には

チケット当選しただけでも喜ばしいことだけど、更に嬉しいことに座席が前から3列目だったこと。

 

舞台から近い近い。

これが俗に行く、目と鼻の先って言うのかな。

本当に近かった。

 

想像よりも近かったんで、席に着いても変に緊張して仕方なかった。

 

耳から得るマイナスイオン

余計な所は端折る。

 

舞台袖から能登さんが登場した時には気を失うかと思った。

他のキャストの方もテンション上がったけど、それ以上に能登さんが登場した時の衝撃は凄かった。

 

だってイベントで大阪に来るとか滅多に無いでしょ?

参加するのも抽選で当選しないといけないわけで、生で能登さんを見る機会はやっぱり少ないよ。

 

見ただけで気を失いそうになったのに、第一声目を聞いた瞬間には昇天しそうになった。

 

何と言う癒やしボイス。

目の前からも聞こえるし、スピーカーからも聞こえてくる。

ある意味、拷問だよ。嬉しい拷問。

 

あまりガン見してはいけないと思いつつも、チラチラ見るのも何か違う。

じゃあ、どうやって目に焼き付ければいいんだ!?

 

沈着冷静に舞台挨拶聞いてるようだけど、中ではパニック。

癒やされながらパニックって、それは癒やされてないのではないか?

 

そして楽しい時間はアッと言う間に終わってしまうんです。

1時間くらいだったのかな。

貴重な1時間だったよ。

 

「能登さん、行かないでぇ〜」って心の中で叫びながら、お見送りの拍手を全力でしておきました。

 

 

その後見た本編。

座席が前だから見上げる状態で見ることになり、首が痛かったです。

これが等価交換なのです。

 

パンフと色紙

 

恒例のパンフレットに来場者特典の紹介。

 

色紙絵にある天田役の緒方さん、トークではグイグイ来てた印象。

結構監督に絡んでいたのは隙有らば何かぶっこむ機会狙ってたのかな。

 

3枚目の写真はポストカードの裏面。

ポストカードの裏面に何か書かれてるのは珍しい。

ちゃんと大阪デザインだしね。

 

る〜子のおしまいコメント

地獄少女 オリジナルサウンドトラック

地獄少女 オリジナルサウンドトラック

  • アーティスト: 高梨康治,水谷広実,能登麻美子,TVサントラ
  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • 発売日: 2006/01/25
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 31回
  • この商品を含むブログ (22件) を見る
 

 

最高の時間を過ごせたと思います。

 

とにかく能登さんの生ボイス聞けたのは人生の中でも大きなイベントだったんじゃないかなと。

 

それだけ長い間夢にまで見ていたって事なんですよ。

 

次いつあの声を聞く事が出来るか分からない。

 

またチャンスが有れば挑んでみようと思います。

おわり