る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

日本で2番目くらいに発売されたWindows Phone『KATANA 01』の開封レビュー


これがWindows Phoneかぁ

f:id:ruko036:20151130180539j:plain

FREETEL KATANA01 特長|機種一覧|FREETEL(フリーテル)

 

予約開始と同時にポチっておいたフリーテルの格安Windows Phone『KATANA 01』

 

発売当日に届くか心配でしたが、前日にメールも来てたんで無事到着しておりました。

 

実際これを書いてる時にはある程度触っているかと思います。

恐らくですけど・・・バッテリー切れたまま放置してるようなw

 

今回は開封。

ガジェット買ったら開封レビューしないとです。

 

オープン ザ Windows Phone

f:id:ruko036:20151130180736j:plain

 

内容物は2層の箱に分けられて収納されています。

本体より箱の構造に食いついてしまう性格になりつつある。

 

f:id:ruko036:20151130181012j:plain

 

入っていた物は至ってシンプル。

  • 本体
  • バッテリー
  • ACアダプター
  • USBケーブル

 

本体はmicroUSBで充電するので、アダプターやケーブルは開けずに置いておきます。

microUSBって本当に万能なケーブルだなって毎回思いますね。

 

Lightningケーブルの融通の効かなさも、それはそれで良いんですけどね(一応フォロー

 

f:id:ruko036:20151130181425j:plain

 

バッテリーを入れないと当然動かないんで、裏蓋オープンしてのバッテリーをパイルダーオン!

 

ちなみに裏蓋は交換が可能で着せ替えが出来るみたいです。

 

f:id:ruko036:20151130181455j:plain

 

デュアルSIM対応なので、挿す所は2カ所。

その横にmicroSDを挿す所が用意されてます。

 

microSDは必須

microSDの対応容量は最大で32Gとなってます。

本体には8Gしかストレージが用意されていないんで、使う場合は用意必須かな。

 

 

と言うことで、Amazonのタイムセールで1000円で売られてた32GのmicroSDを購入。

メーカーやその他は全く気にせず容量確保目的だけで買いました。

 

本体チェック

f:id:ruko036:20151130181718j:plain

 

バッテリーとmicroSDを入れて使う準備は完了。

SIMは入れずにWi-Fiで使います。

 

裏面を見てるだけで、色々なAndroid端末を連想させられますね。

 

f:id:ruko036:20151130182327j:plain

 

フリーテルって名前が入ってるのをどう受け止めるかでデザインの感想が変わってきますね。

持って手で隠れてしまえば何でもないんですけど。

 

f:id:ruko036:20151130182238j:plain

f:id:ruko036:20151130182006j:plain

 

リアカメラが500万画素、フロントカメラが200万画素となっていて格安なだけあるなって感じがします。

 

f:id:ruko036:20151130181817j:plain

 

側面に用意されているボタン関係はこれだけでした。

 

上がボリュームで下が電源。

ちょっと間違えやすそうな配置になってますね。

 

f:id:ruko036:20151130182523j:plain

珍しくイヤフォンジャックやmicroUSBを挿す端子類は上にあるんですね。

これも人によって好みが別れる配置です。

 

「Windows Phoneは全部上ですよ」ってことはないよね?

 

 

格安だからって事で本体の作りの粗さは見当たりませんでした。

むしろ「この値段だから、こんなもんかな」って感じです。

 

る〜子のおしまいコメント

f:id:ruko036:20151130183637j:plain

FTJ152E-katana01-BK [FREETEL KATANA01 ブラック/Windows10]

 

開封は無事終わって起動させてはみたものの、これはどう使っていいのか現在も模索中です。

 

安い・面白そうって勢いだけで買いましたけど、そこで終わってしまわないよう何かその先を見つけることが出来たら、また報告をしようと思います。

おわり