読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

【思い出】ゲームカセットの掃除は100均で用意できる物で簡単にできます

ゲームカセットを掃除しよう

レトロフリークを購入してから少しずつですがゲームカセットが増えてきました。

 

日本橋に行けばスーパーポテトゲーム探偵a-Tooの3店舗は必ず覗いて、何か面白そうな物がないかチェックしてます。

もちろん同じソフトでも状態と価格を比較してから買いますよ。

 

ゲーム専門店じゃなくても、穴場と言うべきかブックオフも覗いて損はないですね。

 

数に関しては負けますが、意外な物や安くゲット出来る可能性がありますから。

 

しかしこれらゲームカセットも汚れは貯まるもの。

 

レトロフリークで読み込ませようにも認識しない事が多々あります。

 

そこで今回はゲームカセットの掃除の仕方を紹介しましょう。

 

必要な物はこれだけ

 

こんなキットも発売されてますが、掃除だけならこんなの必要ありません。

 

 

用意するのはこれだけで十分です。

  • 除光液
  • 綿棒

 

100均で揃えることが出来るこの2つ。

人によっては除光液ではなくエタノールを使う人も居るようです。

【年末年始企画】ファミコンカセットの電池交換とお掃除大作戦! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

 

昔近所のゲーム屋さんの店長さんと顔見知りだったんで、世間話しながらカセットの掃除を手伝ってた時期がありました。

 

その店舗ではこの2つを使って掃除をしてたんで、問題は無いと思います。

 

そもそも昔のゲームカセットってそんなにヤワではないんで、ちょっとやそっとじゃ壊れないんじゃないかな。

 

ここをゴシゴシ

 

掃除する箇所は本体に挿す部分。

間違っても外側のプラスティックを掃除しても意味無いですからね。

 

一見綺麗に見えますが意外と汚れてます。

 

 

綿棒1本で1カセットって感じですね。

こんなに汚れてたら読み込みもしませんよ。

 

拭いてすぐだと認識がまだ甘いかもしれないんで、少し乾かしてから本体に挿すといいですね。

 

る〜子のおしまいコメント

今現在レトロフリークには44本のゲームを読み込ませてます。

と言うことは家に44本のゲームカセットが来たことにもなります。

 

もう世の中ダウンロードで済んでしまうまで来てる中、カセットを認識させるのに苦労するって、これはまたこれで良いんですよ。

 

これからもソフトは増えていくでしょう。

ファミコン芸人のフジタさんまでは流石に無理でしょうけどね。

おわり

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...