る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

DOWN WELLは360円払うだけの面白さが有る中毒ゲー


DownWell

 

10月15日から配信となりました『DOWN WELL』と言うアプリゲーを買って遊んでます。

ソシャゲではなく、買い切りのゲームとなります。

 

Downwell

Downwell

  • Devolver Digital
  • ゲーム
  • ¥360

 

iOS版が先で、Android版は後日配信開始のようです。

価格が360円と買い切りのゲームとしては安い方に入るんじゃないでしょうか。

 

Steamの方でも同日配信がスタートして、298円で発売されてます。

Downwell on Steam

 

Steamの方ではコントローラーがフルサポートされているんで遊びやすさとしては問題ないと思います。

 

アプリの方だと仮想コントローラーでの操作になるんで慣れが必要になってきます。

 

ユニバーサルアプリなのでiPadでも遊ぶことが出来ますが、現状横画面にして遊ぶことになるんで個人的には縦画面対応を求めますね。

 

プレイ動画

 

買って間もない時に残した動画です(下手の言い訳w

紹介動画としてなんで、これと言っての見せ場は無いです。

 

簡単に解説

画面下に左右移動のボタンとジャンプボタンが用意されています。

操作はこの3ボタンのみです。

 

ライフ制で基本は4回ダメージを受けるとゲームオーバー。

 

プレイヤーキャラクターは、ひたすら下に落ちていきます。

道中に敵が出てくるんで、踏みつけるか武器で攻撃して撃退します。

 

ステージ中に有る足場で武器のリロードをしないと弾切れになり武器での攻撃は出来なくなります。

 

真っ赤な敵は踏みつけて倒すことが出来ないので武器での攻撃必須です。

 

お金の概念も用意されていて、ブロックを壊すと転がって出てくる赤い石がそれに当たります。

 

使用用途としてはアイテムを購入したり、プレイヤーキャラにブーストが一定時間かかる効果があります。

 

途中画面横に洞窟が有り、その中にお金や武器が置かれてます。

武器をチェンジするごとに体力が1回復します。

 

1ステージ終わるごとにアビリティーを1つ付けることが出来るます。

どのアビリティーが選択肢に入ってくるかはランダムです。

 

このゲームの良いところは、1度ゲームオーバーになって再開するとステージ構成が変わる所。

飽きさせない為の対策、攻略のしがいが生まれてきますね。

 

今のベスト

 

今のベスト記録はやっとステージ2−1に行けるようになったかなって感じです。

 

オプションでタイム計測オンにするの忘れてたんで記録残ってません。

 

ゲームを遊んでいくと画面の見栄えが変更できて、画像はゲームボーイ風に変更してます。

 

他にも過去のゲームハードに似せた画面に切り替えれるように用意されてます。

 

日本が生んだゲームですから応援しましょう

人によってはこのゲームに360円払う事に躊躇するかもしれません。

無料のでも似たようなのを知っていたりするとね。

 

確実に言い切れるのはソシャゲやるより充実した時間が持てるって事です。

 

そして「このゲームにお金払ってもいいな」って思った理由としては、このゲームが日本で開発されたって事ですね。

販売は海外のメーカーになってますが。

 

インディーですから有名ではないです。

これからを見る、応援するって意味も兼ねて360円の投資なんて安いもんですよ。

下手に石買うより充実した使い方だと思います。

 

る〜子のおしまいコメント

2−1からはダメージ床とか新たな敵が登場して難易度が上がるんですよね。

 

ゲームオーバーになったら最初からって所もゲームに忘れてた何かを思い出させてくれるみたいで「面白いじゃないか」って、また再スタートしてしまいます。

 

コントローラーで操作性がどう変わるか気にもなるんでSteam版も買ってみようかなと思いました。

おわり