読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

屍者の帝国の入場者特典しおりの朗読を聴くまでの工程

朗読の聴き方 

前回、屍者の帝国を見に行って貰えた来場者特典について軽く触れました。

アプリを使って朗読を聴くにはどうすればいいのか?と。

 

そしたらコメントを頂き

ななし

裏のQRコードからアプリをダウンロードした後に表のハダリーをスキャンすると読み取れると思います。
自分も分からなくて何分も裏のQRコードを読み込んだのですが・・・。表の絵柄で読み取れるというのが新しい技術のようです。
いきなり失礼しました。

 

 同じようにどうすればいいのか悩んだ人が居たみたいです。

そして解決策も教えてくれました。

 

今回は読み取るまでの工程を紹介しておこうと思います。

 

しおりの朗読はこうやれば聴けます 

朗読を聴くまでの工程は以下の通りです。

 

アプリをダウンロード
COCOAR2

COCOAR2

  • Startialab Co.,Ltd.
  • エンターテインメント
  • 無料

 

まずしおりの裏面に書かれているQRコードを読み取るか、上記のアプリをダウンロードします。

QRの読み込み先はアプリリンクです。

 

チュートリアルは目を通そう

 

アプリを起動するとチュートリアル画面になります。

チュートリアルなんて見なくても大体のアプリは使えそうですが、この画面を流していると今回のように悩む原因になるかも。

 

Let's  scan AR object

 

「ARをスキャンしてください」って書いてます。

これ見逃してたら駄目ですよね。

 

日本仕様に変更

 

チュートリアルを確認したら、あとはカメラでARをスキャンするだけと思うかもしれませんが、このアプリは起動時は日本仕様になってないみたいです。

 

設定画面で『Language setting』と『Database』をJapaneseに変更します。

各所変更する度にアプリが強制終了されますが、問題有りません。

 

2箇所とも変更すると日本仕様になるので、これでARを読み取ることが出来るはず。

 

ハダリー(絵柄)を読み取る

 

設定も終わったので、あとは絵柄部分をカメラで読み取らせるだけ。

背面が黒い方が認識しやすくなります。

 

読み取りが成功すると絵柄の前に本が見開かれた画像が出てきて朗読がスタートします。

 

 

履歴画面から何時でも朗読を聴く事が出来るんで、スキャン画面待機しなくても大丈夫です。

 

これって1度読み取ってしまえば有効期限である2015年12月末以降でも聴く事って出来るんでしょうか?

一応ダウンロードした形にはなっているはずなんですが。

 

以上がしおりの朗読を聴くまでの工程です。

 

る〜子のおしまいコメント

前回アプリサイドに問題があるんじゃないかと言ってしまいましたが、単に使い手の問題だったので製作者の方、申し訳有りませんでした。

 

アプリを使い慣れてると思っても、全てが共通ではないんでチュートリアルには目を通しておくべきですね。

おわり

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...