る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

【昭和の本気】下手なラノベアニメ化より、おそ松さんの本気が凄かった。


おそ松さん1話目から飛ばすねぇ

大阪でも放送がスタートした『おそ松さん』。

凄かったねぇw

 

初めモノクロの昭和仕様でアニメがスタートして「あぁ、懐かしい」って思いながら見てたら、すぐさま訳の分からない迷走アニメになってしまうからワロタ。

迷走アニメと言っても狙ってだから本気ではない。

 

最初は等身がと言うか全てがイケメン仕様になる。

う◯プリみたいなスタート切ったかと思ったら、学園モノになって、そこから細かく腐女子が好きそうな要素を盛り込んでAパート終了。

 

Bパートどうなるんだ?って見てたら、そっからもうやりたい放題。

ネタにした作品数が多すぎて書くのがしんどくなるくらいに放り込んできた。

 

そして「ここ気づくポイントだったなぁ」って思ったのが、学園が壁で包囲されていた意味ね。

チビ太がアレをパロって登場した時に「そう言うことかぁ」って思ったからね。

 

でも1話を支えてたのはチョロ松であり、神谷さんのツッコミ続けてた所だと思うんだよね。

1話で一番セリフ多かったの絶対に神谷さんだよ。

 

あのツッコミが無かったら単なる悪ふざけしたアニメで本当に1話から迷走アニメと言われたかもしれない。

 

セリフや作画の中でも挑戦的な所も有ったね。

「セクロス」って聞いた瞬間は「ん?聞き間違えかな?」って思った。

チビ太仕様をもろ出しなのもOKなのかと。

 

全体的に攻撃的なアニメだった。

でもそのスタイルが昔の昭和アニメスタイルなわけだから、これで何か言ってくるのは昭和アニメから冒涜するようなものだよ。

 

あと笑わされたのはBパートの赤塚先生をイジるシーン。

「死んでるからいいんじゃないの?」って何ちゅうセリフ放り込むんだよって思った。

 

ここで他の作者・作品ならファンが怒る所かもしれないけど、赤塚不二夫ギャグ作品だから全然OKなんだろうね。

 

こうも1話目から飛ばしてくるのはいいけど、2話目からどう持っていくんだろうって心配になるし、登場してるキャラ自信がそう言ってるって言うのも笑わせてもらった。

 

おそ松くん (1) (竹書房文庫)

おそ松くん (1) (竹書房文庫)

 

 

番組始まって23分後にやっと本当の本編始まったけど、ほとんど本編無く終わったようなものだから、2話目からが『おそ松さんスタート』って感じなのかな。

 

次週次第で1クール持つかどうかだね。

ギャグアニメだから下手なラノベアニメ化よりは見れるのは確実だろうけどね。

おわり