読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

【ハイスコアガール復活!?】スクエニとSNK和解について思いの丈をぶつける

ハイスコアガール復活?

この問題に関しては、ずっと追ってきました。

そして毎回吠えてきました。

 

何故こんなに吠え続けてきたのかと言うと、ハイスコアガールが素晴らしい作品だからです。

 

昔からゲームが好きな人間だからこそ書ける内容であり、共感できる。

そこに微々たる甘酸っぱさの有る恋愛要素も放り込まれいる。

この絶妙なバランスが取れた作品は読み始めたらファンになること間違いないんです。

 

しかしそれを奪ったのがスクエニ!

 

正確に言えば出版部門のハイスコアガールを担当していた人間。

こいつが曖昧な事をしたせいで大問題に繋がり、多方面に多大な迷惑をかけたんですよ。

 

一番の被害者は

SNKって言いたいところですが、やはり一番の被害者は作者の押切先生です。

 

『メーカーからの了承を得てます』って聞かされてたから、SNKの作品を漫画に登場させて思いの丈をぶちまけてたわけ。

 

しかし、いざ蓋を開けてみたらSNKサイドは『OK出した覚えない』って言ったわけですよね。

 

ここでもしスクエニサイドが『OK出したじゃないですか』ってSNK側に言ったとしても、間に挟まれてしまった押切先生は一番の被害者の座をキープし続けますよね。

 

OK出したと聞かされた。OK出してないと言われた。

こんな間に置かれた押切先生はそりゃダークサイドに落ちちゃうわ。

詳しくはピコピコ少年SUPERを読んでみてください。

ピコピコ少年SUPER

ピコピコ少年SUPER

 

 

和解内容について

 

4Gamerさんの方でも取り上げられてる記事です。

和解したのが8月24日。る〜子さんの誕生日でございます。

と言うことは、る〜子さんが問題を解決に導いたと言っても過言ではないと(違います

 

おふざけは置いといて、一連の内容としては

(1)SNKプレイモアは刑事告訴を取り消す。
(2)スクウェア・エニックス及びSNKプレイモアは民事訴訟を各々取り下げる。
(3)スクウェア・エニックスは本件出版物の出版及び販売を継続することができる。

 

項目1について

まずはSNKが告訴を取り下げてくれた事に対して、ハイスコアガールファンとして「ありがとうございます」と言わせていただきたい。

 

大人な対応と言うか太っ腹と言うかね。

器が大きい。

SNK側は落ち度無いと思うし、被害受けた側だろうけど取り下げるってのはね。

 

項目2について

よく分からないのが2番目の項目で。

なんでスクエニ側も訴訟してたんだろうって。

あんたらが悪いんじゃないの?

 

反撃スタイルを持ってるのが意味が分からない。

攻撃受けっぱなしが打倒だと思うんだけどね。

 

項目3について

ここもSNK側が改めてOK出してくれたからこそ、出版物を販売再開出来ようになったわけですね。

 

「和解はしたけどハイスコアガールは出しちゃ駄目だよ」って内容になってたら、また別の吠え方をしてたね。

 

とにかく、この3項目でハイスコアガールが帰ってきますって宣言されたようなもんです。

 

スクエニ側のお知らせが酷い

今回の和解についてスクエニが公表したお知らせ。

 

読んで思ったのが、何処にも謝罪の一言が無い。

和解したから謝らなくていいって感じに受け取れて気分が悪い。

 

そして一番 (゚Д゚)ハァ? って思ったのが最後の方に書かれている

『本件和解が当社の業績に与える影響は軽微です』

 

自分の所の業績より、迷惑かけた側の心配と言うか影響をどう対処したかって事を言わないといけないんじゃないの?

 

てめぇの所の業績なんて知らねえよ!

(熱くなりすぎて、文章が乱暴になることをお許し下さい)

 

ハイスコアガールは帰ってくるの?

さて、出版物の販売を再開してもいいって言われるも、これまで発売されたハイスコアガールの単行本は書店などに並ぶと思います。

電子書籍でも同じように販売再開されるでしょう。 

ハイスコアガール(1) (ビッグガンガンコミックススーパー)

ハイスコアガール(1) (ビッグガンガンコミックススーパー)

 

 

しかし、休載からの続きは読むことが出来るんだろうか?

 

こう言う喜ばしいニュースが入った場合、TwitterなりSNSをやっていたら何かしらコメントが有ると思うんですが、Twitterを見る限りノーコメント。

何だったら最後のツイートは8月3日で止まってます。

 

押切先生が「もうあんな黒歴史漫画書かないよ」って言ってしまったら、もう終わりなんだなと受け入れるしかない。

 

もしそうなったら非常に残念だけども、押切先生のこれまでの心境とか考えたら仕方ないと。

 

でもそこは出版社変えてでもいいから、ハイスコアガールを描いて、続きを読ませていただきたい。

 

ハルオと大野と小春をこのままにしてていいの?

 

いいはずがない!

 

最後まで読ませてくれよ。

頼むよ、押切先生。

おわり

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...