読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

AppleWatch 38mm スペースグレイ開封。これは胸が高鳴る!

AppleWatch開封の儀

ここに来て開封の儀を持ってきましたが、既にもう使っています。

 

バッテリーの持ち具合の検証や、見た目を少し変えてみたりもしてます。

 

更には開封の儀を前にAppleWatchが入っていた箱のレビューをしたりもしました。

これは本当に誰に需要が有るのか分かりませんが、買った人しか見ることが出来ない箱だからこそ見てもらいたかったと言うことで。

 

前置きが長くなる前に、開封の儀を始めていきましょうか。

 

AppleWatchオープンセサミー

f:id:ruko036:20150515110735j:plain

 

開封の儀で既に箱が開いた状態からスタートするw

スポーツタイプは長方形の長細い箱に入ってます。

無印の方は正方形の箱で、時計の梱包としては無印の方がメジャーかな。

 

蓋を取れば即本体がお目見えするパターン。

このケースの中に待ちに待ったAppleWatchが入ってるわけです。

 

f:id:ruko036:20150515110836j:plain

 

本体開封の前に付属品チェック。

 

アダプターは見慣れた物だけど、充電に必要なケーブルはAppleWatch用として初登場の形をしている。

 

f:id:ruko036:20150515111018j:plain

 

ケーブルの長さが「こんなに必要?」って思うくらいに長いけど、実際に使ってみるとちょどいいかなと思った。

 

本体と接続する部分がマグネットになっていて、iPhoneのようにしっかりと本体接続する感じではない。

Xperiaを使ってる人なら想像しやすいと思う。

 

磁気がそんなに強くないから、ちょっと反動を受けると取れてしまうからケーブルの長さも十分なほどに余裕を持たせたのかもしれない。

 

f:id:ruko036:20150515111200j:plain

f:id:ruko036:20150515111303j:plain

 

この薄い箱にマニュアルや長さ違いのバンドが入ってる。

 

特にマニュアル読まないと操作方法が分からないって事はないから、マニュアルと言っても部位の紹介程度。

 

バンドも交換する必要は無かったんで、これらはサッと目を通して箱に戻しました。

 

f:id:ruko036:20150515111128j:plain

 

マニュアルの入っていた箱にメッセージが書かれてたけど、もう「Hello」を書く気はないのかな。

 

f:id:ruko036:20150515111615j:plain

 

付属品なんてどうでもいいよね。

本体を早く開けないとってことで、これがメインのケース。

 

f:id:ruko036:20150515111728j:plain

 

最初はサイドの羽の部分を引いて開けるのかなと思ったら、側面にペリペリが用意されていて、気持よくペリペリすることが出来ます。

 

でもまたここが違う。

写真を見てもらうと分かるように、ミシン目に沿ってペリペリするやつじゃないんです。

 

ミシン目も何もないのにスッと気持よく開けれるんです。

スライスチーズです。

これはスポーツタイプを買わないと体感できません。

 

やっぱりギザギザのペリペリだと開け口が見た目悪くなるから、そこも美しく見せたいと言うこだわりを見せてくれる。

 

それが我らAppleの気配りの出来た梱包方法なんですね。

 

る〜子のおしまいコメント

おしまいコメントが来たと言うことは、なんと開封の儀は2部構成にしたいと思います。

 

次回とうとうAppleWatchが登場するってのと、一緒に購入しておいたアイテムの紹介をしたいと思います。

おわり

 

読む必要あるのか気になる本
Apple Watch スタートブック (SB MOOK)

Apple Watch スタートブック (SB MOOK)

 
できる Apple Watch スタート→活用 完全ガイド

できる Apple Watch スタート→活用 完全ガイド

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...