読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

【マリオにピーチにクッパにピノキオ】うちにマリオブラザーズは無かったんです【ルイージ】

今週のお題特別編「子供の頃に欲しかったもの」
〈春のブログキャンペーン 第3週〉

子供の頃に欲しかったものは何かと聞かれたら

地位と名誉と女

 

昔から大人っぽいお子さんだったからね。

おもちゃとかお菓子とかは4才くらいで卒業してたかな。

 

まぁ、そんな子供居たらぶん殴られてるわなw

 

本当に欲しかったもの

今でもゲームが大好きなわけで、そのきっかけになったのはファミコン

もう物心つく頃にはファミコンに触れてました。

だから今のる〜子さんが居るわけです。

 

ファミコンの代表作といえば、配管工のヒゲおやじが出てくるゲーム。

スーパーマリオブラザーズ

スーパーマリオブラザーズ

 

でも、うちには無かった。

ファミコンはあるのに、マリオが居なかった。

 

マリオが居なかったら何が居たんだ?

 

スプラッターハウス

スプラッターハウス

 

横スクロールアクションで遊んだファミコンソフトは、マリオを差し置いてスプラッターハウスが居座ってました。

 

http://tn-skr3.smilevideo.jp/smile?i=23727702.L

キャラクターはデフォルメされてるけども、内容はそこそこダークな感じでマリオブラザーズとは正反対の世界観なゲーム。

 

これを幼い頃に買い与えてくれた親には感謝してます。

おかげで、心霊だのホラーネタが大好物になれたわけですから。

 

結局あの黄色いカートリッジのマリオブラザーズをファミコン本体に挿すこと無く、ファミコンの時代が過ぎ去りました。

 

今では色々な手段でマリオブラザーズで遊ぶことは出来ますが、当時触ってたからこそまた遊びたくなったって理由で買うわけです。

 

でも当時の思い出なんにも無いファミコン世代の人間は、純粋に今マリオブラザーズで遊ぶことは出来ません。

スプラッターハウスなら遊ぶことは出来ますがw

 

ゲームは我が人生

しかし、そこにはマリオの姿はなかった。

 

今なら言える。

お父さん、お母さん、る〜子さんはマリオブラザーズで遊びたかったんです」と。

おわり

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...