読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

8月24日で生誕32周年!・・・もうダメだ

日常

32年生きちゃいました

f:id:ruko036:20160823220302j:plain

 

本日8月24日、る〜子さん生誕32周年を迎えることになりました。

(^o^)v

 

もう人生に悔いなし。さようなら。

 

ってわけにもいきませんよ。

 

しかし30歳になってからの1年が早い早い。

恐ろしい速さで40歳に向かっている気がします。

 

30代前半ではまだ来ないであろうと思っている事。

 

ハゲ・デブ・加齢臭

これはもしかしたら本人が気づいていないだけで、凄まじいことになってるかもしれない。

 

加齢臭なんて本人気づかないパターン多いから恐ろしい。

だからと言って対策として色々と付けまくるのも駄目だしね。

 

30代って中途半端なラインだから気にしすぎるのかもね。

40代はもう乗り越えた感ありそう。

 

幸いまだ頭髪は薄くなってきてない、むしろ多いほうだし。

体型に関してもお腹出てないけど何とか体重を増やしてる傾向だし。

 

とにかく32歳になったわけです。

 

今年はAmazonのほしい物リストから誕プレが贈られたりして、いつもとは違った祝福を受けました。

誰か未だに分かりませんが、改めてありがとうございました。

 

32歳、今だ独身。

このまま独身貴族を貫いて、独り身をエンジョイしていこうと思う反面、以前体調を崩した時に「一人だったら無理だな」って思う所もあったわけです。

 

32歳から33歳への1年。

何か変化が訪れるのか、それとも現状を維持して33歳を迎えるのかは未知数。

 

また来年、当ブログの生誕33周年記事でお会いしましょう。

おわり

メガネのフレームではなく、各パーツ名を知っておけば真のメガネ通に近づける

日常

メガネは使い捨ての時代かも

 

このメガネを外出用として使っているわけですが、もう結構くたびれてきてます。

耳にかける所は塗装が剥げてきて白くなってきてるし、鼻のところを挟む部分も元々はクリアだったのが紫外線とかで黄色くなってきてるしね。

 

メガネって昔は買い換えるのに結構な金額してたけど、今は安かったら5千円しないでレンズ込みで買えるよね。

高くても1万円弱とか。

 

る〜子さん的には良いフレームに薄型レンズにお高い金額払うよりかは、格安メガネを1年くらいを目処に買い換えていくほうがいいんじゃないかなって。

上の写真のもレンズ込みで1万円しなかった気がする。

 

安くても掛けてしまえば分からないし、安いからといって粗悪な物を売りつけられることは無いと思うからね。

 

今回もメガネを新しくしようとしているわけで、買うならまた格安のを適当に選んで、また来年買い換えたらいいかなと。

 

 

 

メガネは勲章

る〜子さんは目が悪いからメガネを掛けてるわけで、オシャレは二の次。

目が悪くなったのはそれだけゲームで幼いころから遊んできた証拠であり勲章であり誇りです。

 

ところでメガネユーザーの人たちは、メガネの各部位の名称言えますか?

ちゃんと名前ありますからね。

 

世のオシャレで伊達眼鏡を掛けてる連中と一緒にされないように、知らなかった人はこれを見て真のメガネユーザーとなっておきましょう。

 

意外と知らない名称ばかり

f:id:ruko036:20160823010846g:plain

ゆめ咲コンタクト・メガネ: メガネ各部の名称

 

こちらがメガネの各部位の名前となります。

フレームって一言で片付けられてますけど、ちゃんと1つずつ名前が用意されているんですね。

 

冒頭でくたびれてきた箇所をちゃんとした名称を踏まえて言い直してみると

『モダン(耳にかける所)は塗装が剥げてきて白くなってきてるし、パッド(鼻のところを挟む部分)も元々はクリアだったのが紫外線とかで黄色くなってきてるしね。』

 

ちょっと正式名称にしただけでメガネ通ぶれてしまう。

ヤバくないですか?凄くないですか?

 

メガネを本気で使うなら名称覚えておいて損はないと思いますよ。

 

 

失敗しないメガネ選びしてきます


興味本位で丸メガネを買って今はもう使っていない失敗例を過去にやらかしてます。

変わり種としてはPCメガネってのを買って、こっちは家用として活躍中。

 

この2つも格安で手に入れたからこそ使い捨て感覚で使っていけるわけです。

 

次のメガネも購入したら簡単に報告したいと思いますが、恐らく無難なデザインのを選ぶと思うんで面白みはないかな。

おわり

「前から言おうと思ってたんですけど」って言われると覚悟を決めるしかない

日常

前から言おうと思ってたんですけど

f:id:ruko036:20160821110710j:plain

唐突にこの言葉を言われてしまうと、何も悪いことをしてないはずなのに『何かやらかしてしまったのではないか?』と思ってしまうのは自分だけ?

 

 

 

こんな事がありました

いつものように職場に着いて、入館名簿に必要事項を書いて入ろうとした時に警備の人から「る〜子さん、ちょっといいですか?」って名指しで止められたんですよ。

もちろん、る〜子さんとは言われず本名でですよw

 

この時点で何故止められたのか思い当たる節がないんで「なんだろう」って内心思ってたわけです。

 

そして続けざまに「前から言おうと思ってたんですけど」って来たんですよ。

この時、何もやらかしてはいないけども「あれ?もしかして」が脳裏を駆け巡るわけです。

 

「あれかな?」

「もしかしたら、あっちのあれかな?」

こうも思い当たってる時点で本当は駄目なんだけどね。

 

そしてその後に続いたのが思いもよらない一言だったんです。

 

拍子抜けしたオチ

会社鞄にはひらくPCバッグを愛用しています。

色がブラックで、そのまま使うには味気ないかなって思いワンポイントアクセントとしてキーホルダーみたいな物を付けてるんですよ。

 

それがこちらの一番くじで引き当てた化物語のチャームってやつかな。

 

その警備員さんが『前から言おうと思っていた事』は、

「いつも鞄に付けてるやつ、化物語のやつですよね?」

 

緊張の糸が切れると言うか、よく見ていらっしゃると言うべきか。

そんな大きなものでもないんだよ?

アクセントになってるのは間違いないようだね。

 

今のところに勤めて10年過ぎたところだけど、こんな形で警備員さんと挨拶以外で話をすることになるとは。

しかも化物語の話って。

 

今思うと、警備員さんからしたら思い切って聞いてくれたんだろうなぁって思う。

そこで「いや、違いますけど」なんて返答されたらどうしようもないもんね。

 

人って話してみないと分からないものだなぁって思わされた1日でした。

おわり

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...